【新型コロナウイルス感染予防】いま一度、手洗いを見直そう!!

スキル

新型コロナウイルス感染症が発生し、数か月が経過しました。

最近では数々の有名人の方が手洗い動画を配信し、感染予防のための手洗いとマスク着用は、今や世界の共通認識・常識となっています。

しかし、ホントに正しい方法を実践できている人がどれだけいるのでしょうか?

私は医療従事者であり、患者さんと関わる上で感染予防は毎日のかかせない仕事です。1患者2手洗いといって、1人の患者さんのリハビリを実施する前後とも1回は必ず手を洗っています。

そんな中で、一緒に暮らしている家族の手洗いやマスクの扱い方を見ていて

「そんなやり方じゃ感染予防にならんやろ」・・・と思うことが多いのです。

自分なりに努力している家族に指摘すると、
嫌がられるかもしれない。
角は立てたくないし、偉そうに知識を
ひけらかしたいわけではない

でもでも・・・家族にはコロナになって欲しくない!!


そう思うと、感染を広げないためにも

「やっぱり正しいやり方を伝えた方がいいな、という結論に至りました。

今回は、正しい手洗い方法について】説明します。


手洗いがコロナ予防に必要な理由については、こちらブログを参考にしてください。



前置きが長くなりましたが、
やってるよ!知ってるよ!という方も確認の意味で読んでいただけたらと思います。


医療従事者だって毎回毎回完璧にできてるとは思えません。
専門知識がない人は尚更です。

正しい手洗い方法とは?

チェックその1・・・手洗い手順は正しくできていますか?

業務用衛生用品の会社「SARAYA」さんが作成している衛生的手洗い手順です↓

正しい手洗い手順を身につけましょう。
 

チェック2・・・洗い残しはありませんか?

手順を確認した後は、実践しましょう。

キレイに洗えていますか?

親指の外側や指の間、指先・爪は洗い残しが起こりやすいところです。


病院の研修では、
手洗いチェッカーという機械で洗い残しを確認することがあります。

すると、キレイに洗ったつもりでも結構汚れが残っていることに気づきます。

正しい手洗い方法を理解していても、実践するとできていないことが多いのです。


とはいえ、自宅で手洗いチェッカーを使うのは現実的ではありませんし、
使うことを薦めているわけではありません。
 

意識して丁寧に洗わないとできない。

ということを頭の隅に入れてほしいのです。



チェックその3・・・手洗い後、清潔なタオルで拭いていますか?


清潔なペーパータオルやタオルで拭いていますか?
服や髪でぬぐうのは言語道断です。
 
タオルは家族それぞれ別のものを使用しましょう。
湿った状態では菌が繁殖します。
タオル自体もこまめに交換しましょう。


また、見落としがちですが・・・


自宅は自動センサーで水が出ますか?
その場合はあまり気にしなくても良いかもしれませんが、
蛇口をひねったりレバーを上下させて水を出す場合は、注意が必要です。 


なぜなら・・・

汚れた手で触れた蛇口・レバーを、洗った後のキレイな手で触ることになるから

です!!これは衛生的といえませんよね・・・


では、どうしたらいいのか?

手洗い後は、タオルやペーパータオル越しに蛇口やレバーをつかみ栓を閉める。
そして、清潔なタオルで水滴を残さず拭く。


これです。

チェック4・・・手洗いはどんなときにしている?

手洗いは、いつしてますか?

帰宅時にとりあえず1回かなあ・・・という方は、


帰宅時だけでなく、
食事の前、鼻をかんだ後、料理をする前など、
手で使って何かをする前・した後にも心掛けてみてください。

いつ何時ウイルスに触れるかわかりませんし、
無症状で感染していた場合も家族の健康を守ることにつながります。

できるだけ、小まめに行いましょう。

手洗いは、これでもか!!です。

まとめ

  • 新型コロナウイルス感染症を予防するには正しい手洗いとマスク着用
  • 手洗いはできてるようで、できていない
  • 正しい手順を身に着けよう
  • 手を拭くタオルは清潔ですか
  • タオルは個人別に準備しましょう
  • 汚い手で触れた蛇口をキレイな手で直接触らない
  • 手洗いは、これでもか!ぐらいしよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました